アン・ルイス

アン・ルイス

アン・ルイスは、兵庫県宝塚市出身の歌手です。本名はアン・リンダ・ルイス。「あゝ無情」「六本木心中」など数々のヒット曲を生み出した日本を代表するロック・歌手であり、その楽曲は多くの音楽家にカバーされ、今なお沢山のファンに愛されています。

プロフィール

1956年6月5日生まれ。アメリカ海軍の軍人であったアメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフです。兵庫県宝塚市に生まれ、横浜市中区本牧に在った米海軍の住宅街ベイサイドコートで育ちました。子役としてデビューし、テレビなどで活躍します。その後1971年に「白い週末」で歌手デビュー。当初アンはグラビアアイドルやアイドル歌謡を中心に活動していましたが、1974年に「グッド・バイ・マイ・ラブ」がヒットしたのをきっかけに歌謡ロックに転向します。1970年代から1980年代にかけて「ラ・セゾン」や「六本木心中」「あゝ無情」などのヒット曲を放ちました。ファッションにこだわりを持っており、自身でステージ衣装のデザインをてがけることもしばしばあります。キャンディーズの「やさしい悪魔」のステージ衣装は、キャンディーズがデビュー前にアンのバックコーラスを務めていたという縁もあり、アンがデザインを手がけました。出産・育児などを経て、1995年に記者会見で自ら「パニック障害」であることを打ち明け、音楽活動を休止します。しばらく父親の母国アメリカに在住していましたが、2005年11月23日にセルフカバーアルバム「REBIRTH」を発売し、同時に音楽活動を再開します。その後はファッションやペットグッズなどのデザイン、プロデュースも手がけるなど活動の幅を広げました。2013年4月6日、元夫の桑名正博と息子の美勇士とともに、親子3人が共演したCDを発売することを発表。CDは同年10月に発売され、これをもって芸能界から引退しました。

略歴

1971年2月25日・・・
シングル「白い週末」で歌手デビュー。
1974年・・・
「グッド・バイ・マイ・ラブ」がヒット。
1980年・・・
ロック歌手の桑名正博と結婚。
1981年・・・
長男・美勇士を出産。この頃、育児に専念するため音楽活動をしばらく休業する。
1982年・・・
活動再開。結婚を機に芸能界を引退していた三浦百恵(旧姓・山口)作詞の「ラ・セゾン」がヒットする。
1984年・・・
桑名正博と離婚。「六本木心中」がロングヒットとなる。また、大塚食品の「アルキメンデス」のCMにも出演。
1995年・・・
パニック障害を患っていることを公表。
1999年・・・
再び活動休止。アメリカに移る。
2005年・・・
活動再開。
2007年・・・
ニューギンからタイアップパチンコ機「CR アンルイスと魔法の王国」がリリース。
2009年3月・・・
フジテレビ系の番組「独占!金曜日の告白SP」に出演。10数年ぶりのテレビ番組出演となり、近況を語ったほか活動休止となったときの思いも語る。この番組内で「現在もパニック障害の影響で人前で歌うライブができない」「(在住するという意味で)日本に行くことはもうないと思う」と告白した。
2010年5月4日・・・
フジテレビ系の番組「カスペ!芸能界の告白大ヒットに隠された壮絶人生SP!」にVTRで出演。一時音楽活動を休止する原因となったパニック障害や、元夫の桑名正博、長男の美勇士らの話をそれぞれコメントした。
2013年4月6日・・・
元夫の桑名正博と息子の美勇士で親子3人共演CDを同年10年に発売すると同時に、これをもって完全にアン・ルイスが芸能界から引退することを発表。

家族

元夫はロックミュージシャンの桑名正博で、桑名との間に現在ミュージシャンとして活動している息子・美勇士がいます。美勇士の話によれば、アンはアメリカに渡ってからも4年に1度、美勇士に会うために来日しており、その際には桑名と会うように仕向けていたのだそうです。

美勇士(みゅうじ)

1981年5月8日生まれ。アンの元夫・桑名正博との間に生まれたアンの実子です。ミュージシャンや俳優として活躍しています。趣味はサッカーとテレビゲーム。ライブやトークイベントでは関西弁で早口でしゃべるのが特徴です。2011年9月に元宝塚歌劇団花組男役の日向燦と結婚し、同年10月31日に長女「音衣(ねい)」が生まれています。

桑名正博(くわなまさひろ)

1953年8月7日生まれ。廻船問屋「桑文」の7代目跡取りとして生まれます。バンド「ファニー・カンパニー」での活動を経て1975年にソロデビュー。1979年に発売した「セクシャルバイオレットNO.1」が大ヒットとなり、一躍人気を得ます。1980年にアン・ルイスと結婚しますが後に離婚。その後、実家の家業を継いで社長業をする傍ら、音楽活動も続けていましたが、2012年7月15日、自宅で脳幹出血により倒れ、意識不明の重体に。そのまま意識が戻ることなく同年10月26日に59歳でこの世を去りました。

ディスコグラフィー

オリジナル・アルバム

1974年「グッド・バイ・マイ・ラブ」

  • 1978年「Think! Pink!」
  • 1978年「PINK PUSSY CAT」
  • 1980年「リンダ」
  • 1980年「Cheek」
  • 1982年「CheekⅡ」
  • 1982年「LA SAISON D'AMOUR」
  • 1982年「ANNIE'S SPECIALS」
  • 1983年「Heavy Moon」
  • 1983年「I LOVE YOUより愛してる」
  • 1984年「ROMANTIC VIOLENCE」
  • 1985年「Dri夢・X-T-C」
  • 1985年「CheekⅢ」
  • 1985年「ANNIE'S MIX'85」
  • 1986年「遊女」
  • 1986年「LOVE & PEACE & ROCK'N ROL」
  • 1987年「JOSHIN」
  • 1988年「女息―MEIKI―」
  • 1989年「MY NAME IS WOMAN」
  • 1990年「RUDE」
  • 1992年「K-ROCK」
  • 1993年「Rockadelic」
  • 1994年「Piercer」
  • 1996年「La Adelita」
  • 1998年「FETISH ~the Crime of Pleasure and Innocence~」
  • 2003年「Girls Night Out」

ベスト・アルバム

  • 1978年「全曲集」
  • 1978年「ベスト・ヒット・アルバム」
  • 1980年「全曲集」
  • 1982年「全曲集」
  • 1984年「全曲集」
  • 1985年「全曲集」
  • 1991年「WOMANISM I ~ZEN・KYOKU・SHOO 1974-1984~」
  • 1991年「WOMANISM II ~ZEN・KYOKU・SHOO 1985-1991~」
  • 1991年「WOMANISM III ~NAKU・TAME・YOO~」
  • 1995年「WOMANISM IV ~NEW・KYOKU・SHOO~」
  • 1995年「ANNIE'S RAG BAG」
  • 2000年「WOMANISM BEST」
  • 2002年「ANNIE'S BOX」
  • 2004年「me-mySELF-ann-i“refreshed”」
  • 2005年「ANN LEWIS Best Selection」
  • 2005年「REBIRTH Self-cover Best」
  • 2006年「WOMANISM COMPLETE BEST」
  • 2009年「ゴールデン☆ベスト アン・ルイス 1973~1980」
  • 2009年「ゴールデン☆ベスト アン・ルイス 1982~1992」

シングル

  • 1971年「白い週末/白い街サッポロ」
  • 1972年「明日になったら/愛の聖書」
  • 1972年「ハッピーヨコハマ/北国の雨にぬれて」
  • 1973年「わかりません/悲しみはふるさとの想い出」
  • 1973年「おぼえてますか/あのね」
  • 1974年「グッド・バイ・マイ・ラブ/暗くなるまで待って」
  • 1974年「ハネムーン・イン・ハワイ/ためらい」
  • 1974年「フォー・シーズン/ジス・イズ・マイ・ラブ」
  • 1975年「恋のおもかげ/気まぐれな私」
  • 1975年「ラストシーン/待ちわびて」
  • 1976年「ごめんなさい/明日にしましょう」
  • 1976年「ラストコンサート/恋のラストシーン」
  • 1977年「甘い予感/青春のページ」
  • 1978年「女はそれを我慢できない/湘南の男たち」
  • 1978年「女にスジは通らない/女の顔にスリルが走る」
  • 1979年「アイム・ア・ロンリー・レディ」
  • 1979年「恋のブギ・ウギ・トレイン/愛・イッツ・マイ・ライフ」
  • 1980年「BOOGIE WOOGIE LOVE TRAIN/KOI NO BOOGIE WOOGIE TRAIN」
  • 1980年「リンダ/花の首飾り」
  • 1981年「リーダー・オブ・ザ・パック/グッドバイ・ボーイ」
  • 1982年「ラ・セゾン/Clumsy Boy」
  • 1983年「LUV-YA/Show Me the Way」
  • 1983年「薔薇の奇蹟/GET AWAY」
  • 1983年「I Love Youより愛してる/You And I」
  • 1984年「六本木心中/IN PLEASURE」
  • 1985年「ピンクダイヤモンド/DANCE W/ME」
  • 1986年「あゝ無情/トライアングル・ブルー」
  • 1987年「天使よ故郷を見よ/FOUR SEASONS]
  • 1988年「KATANA/SIREN」
  • 1989年「美人薄命/華」
  • 1989年「WOMAN/ランニング・アウト!」
  • 1990年「欲望/ウェイティング」
  • 1990年「Finish!/裸の月~ネイキッド・ムーン」
  • 1992年「夜に傷ついて/テイク・ミー・バック」
  • 1992年「Lovin' You/銀色の涙」
  • 1993年「YA!YA!/愛してるよ」
  • 1993年「VIRGIN LAND/砂塵」
  • 1994年「MIDNIGHT SUN/ロンリー・ソルジャーズ」
  • 1994年「I'M IN LOVE/DA SILVA STAR」
  • 1995年「WOMANISM RHYTHM」
  • 1995年「恋を眠らせて/ムーン」
  • 1997年「VENDETTA/BLEU」
  • 1998年「豹柄とPINK/ソー・イン・ラヴ・ウィズ・ユー」
  • 1999年「千年愛」
  • 2000年「恋のブギ・ウギ・トレイン」
  • 2006年「あゝ無情/WOMAN」
  • 2010年「ONE」

出演

映画

  • 1978年「多羅尾伴内」・・・歌手役
  • 1983年「十階のモスキート」

TV

  • バケタン家族
  • 赤い死線・・・ケイ役
  • トライアングル・ブルー

CM

  • 1984年 大塚食品 アルキメンデス
  • 1985年 合同酒精
  • 1985年 日本ビクタービデオムービー
  • 1980年 資生堂エリクシール
等身大のガールズバンド・BLiSTARの歴史!